鼻洗浄器(ハナクリーン)

hanaclean

価格:2,894 円(税込)

鼻水の原因は?

人間は異物を体の外へ出すために、咳や鼻水を出しますが、そもそも異物はどこから侵入するのでしょう?まず、人間の体内に入ってくる異物とは主にハウスダストや花粉、ウイルスです。これらは口と鼻から赤ちゃんの体内に侵入します。まずはできるだけ赤ちゃんの体内に侵入した異物を取り除き、病気の予防をすることが必要ですね。

鼻腔内を綺麗にする鼻洗浄

ハナクリーンは多くの耳鼻科ですすめられている鼻洗浄器です。鼻がしっかりかめるようになったら、お子様でも自分で使うことができます。刺激が少なく、携帯用ボトルの背面には温度計が付いていて、適温かどうかをすぐに見ることもできます。ハナクリーンはさまざまなタイプの洗浄器を出している為、小さなお子様から大人まで、ご家庭用だけでなくお出かけ先でも使用することができます。お子様が成長するにつれて外出する機会も増えるかと思いますので、ぜひ鼻洗浄を行って、鼻腔内の異物を除去することをおすすめします。また、メルシーポット(電動鼻水吸引機)と併用するとさらに効果が高まります。

鼻洗浄で気を付けてほしいこと

安全に鼻洗浄を行う注意点をお伝えしますね。まず、鼻洗浄を間違った手順で行うと痛みが伴います。この痛みは洗浄液の温度・濃度・水圧が適当でないことで起こります。1度痛みを感じるとお子様は鼻洗浄を嫌がるようになってしまうので、初めての使用ではしっかりと説明書を読んで手順を守って洗浄を行ってくださいね。ちなみに、お子さまが自分で鼻をかむようになり、自分で鼻洗浄を行えるようになった場合は、洗浄液を注入する際、声を出しながら注入すると上手に洗浄できますよ。

次に大切なことは、鼻洗浄をする際生理食塩水、もしくは専用の洗浄液を必ず使用してください。浸透圧が重要になりますし、水道水で行うことで痛みを伴う場合もあります。また、温度も体温に近いぬるま湯を使用してくださいね。洗浄に生理食塩水は0.9%の食塩水のことで、インターネットで調べると作り方も載っています。しかし、ハナクリーンでは150mの温水に混ぜるだけで洗浄液をつくることができる洗浄剤も販売しているので、使用をおすすめします。

そして、鼻うがいをする際ですが、唾や洗浄液を飲み込もうとしないでください。生理食塩水を鼻からゆっくりと注入していくのですが、この際に唾や洗浄液を飲み込もうとすると、耳管に水分が入り込んでしまい、中耳炎の大きな原因となってしまいます。また、鼻腔の中に水分が残っている状態で鼻をかんでしまう場合でも中耳炎の原因となってしまいます。鼻うがいを行った後は、鼻をかみたいと思うかもしれませんが、しっかりと水分を体外に排出した状態で行うようにしてくださいね。

最後に、鼻洗浄をおこなう頻度ですが、どんなに多くても1日3回までを守るようにしてください。体液に近いものとはいえ、鼻の粘膜に負担をかけていることには変わりはありません。あまり時間を空けずに高い頻度で行うと、逆効果になってしまいますので、気を付けましょう。鼻をすっきり快適にしてくれる鼻洗浄ですが、使用方法、頻度を守ってくださいね。