鼻洗浄器について考えよう

トップページ > コラム > 鼻洗浄器について考えよう

鼻洗浄器について考えよう



鼻洗浄器のメリットとは?



鼻や口からはさまざまなウイルスや細菌などが侵入してくる可能性があり、それを防ぐためには予防をすることが大切ですが、昔からある対策方法として口のうがいなどがありますが、近年では鼻洗浄もウイルスや細菌の予防をするために重要だと言われています。鼻洗浄を行うためにはいくつか方法が挙げられますが、その中でも鼻洗浄器を使って洗浄をする人が多いと言われています。では、実際に鼻洗浄を行うことでどんな利点があるのでしょうか。ここでは詳しくお伝えします。

まず1つ目の利点は花粉症の症状を緩和させることができる点です。春の季節などは花粉症で悩んでいる人たちも多く、重症になると涙や鼻水、くしゃみが止まらないというつらい症状を引き起こします。花粉症は鼻や目の粘膜に花粉が付着することであらゆる症状を引き起こしますが、鼻洗浄機を使用して清潔にすることで花粉などを取り除くことができるので、症状の緩和に役立ちます。つらい症状を少しでも抑えたい人は鼻洗浄器を使うことついて考えてみるといいでしょう。

続いて2つ目は風邪の予防になるという利点があります。風邪にはウイルスというものが存在しています。ウイルスが体内に入り込むことによって風邪の症状が出てきてしまいますが、鼻洗浄を行うことによって、鼻から侵入しようとしているウイルスや細菌を除去させることができます。体内への侵入を防ぐことができるので、口からのうがいも大切ですが、しっかりと予防をしたいなら鼻の洗浄も行った方がいいでしょう。

最後に3つ目の利点は蓄膿症の緩和、予防です。粘りのある鼻水が鼻の中に溜まることで蓄膿症の症状が現れます。この症状の時の鼻の内部にある粘膜は細菌やウイルスによって感染した状態であるため、放置しておくと鼻の機能を低下させてしまうことがありますし、症状悪化の原因にもなります。防ぐためには鼻洗浄は大切だと言われているので、蓄膿症で悩んでいる人や予防をしたい人は鼻洗浄器の購入について考えるといいでしょう。このように大きく分けると3つの利点が存在しています。



鼻洗浄器を使用する上での注意点



鼻洗浄器を使用して鼻の中を清潔の状態に保ちたいと思っている人も多いかと思いますが、使用する際にはいくつか注意しておきたいことも存在しています。しっかりと守ることで安全に使用することができるので、ここでは使用上の注意点について説明します。まず初めに知っておきたいことは、間違った方法で使用すると痛みが発生することがあります。鼻洗浄を行うと必ず痛みが発生するのではないかと思っている人もいますが、基本的には正しい方法で行えば大きな痛みが発生することはありません。例えば洗浄液の温度や濃度、水圧は適当でないと痛みが発生することがあります。特に子供の場合は一度痛みを与えると嫌がるようになってしまうので、初めて使用する際には説明書を読んで手順を守って洗浄をするといいでしょう。

続いて大切なことは鼻洗浄をする時には生理食塩水、もしくは専用の洗浄液を使用して行うようにしましょう。中には水道水で行う人がいますが、水道水は痛みを発生させる原因にもなります。その為、鼻洗浄器を使用する時には生理食塩水や専用の洗浄液を使用しましょう。続いての注意点は洗浄液を飲み込まないことです。鼻洗浄器では生理食塩水を鼻からゆっくりと流し込んでいきますが、この時に飲み込もうとしてしまうと耳に入り込んでしまう可能性があり、その場合は中耳炎になる可能性もあるので注意しましょう。

最後に鼻洗浄を行う頻度ですが、中には1日に何度行っても問題ないと思っている人がいますが、基本的には1日に3回までの洗浄が適していると言われているので、何度も洗浄はしないように注意しましょう。



鼻洗浄器の選び方



鼻洗浄を行う時には鼻洗浄器の購入について考えなければなりませんが、いろいろなタイプが販売されているのでどれを購入したらいいか迷うことがあるでしょう。自分に合うタイプや子供に合うタイプを選ぶためにもチェックしたいポイントはいくつかあるので、ここでは選び方について紹介します。

まず、1つ目のチェックポイントは続けられる価格かどうかです。鼻洗浄器の価格はそれぞれ異なりますが、中には一定の期間だけ高いものを購入して鼻洗浄を行おうと思っている人もいます。しかし、一定の期間だけではその間だけ洗浄できているということになるので、そこで止めてしまうと、再びウイルスや細菌が溜まっていく可能性が考えられます。続けないと意味がないので、できる限り続けられるタイプを選ぶようにするといいでしょう。

続いて2つ目は刺激が強くないかについても確認しておきましょう。鼻洗浄は正しいやり方も重要になりますが、洗浄液によっても刺激が異なります。刺激が強いと痛みを伴う可能性が高いので、なるべく低刺激のものを選ぶようにしましょう。このように2つ紹介をしましたが、選び方は重要なので慎重に考えましょう。


▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?
2位 理想的な電動鼻水吸引器とは?
3位 いつでもきれいに活用したい!鼻水吸引器の洗い方のコツを紹介
4位 中耳炎にならないためにも鼻水吸引を行おう
5位 赤ちゃんの健康を守ってくれる鼻水吸引器の正しい選び方

おすすめの電動鼻水吸引器