鼻水吸引器を使うメリットについて解説します

トップページ > コラム > 鼻水吸引器を使うメリットについて解説します

鼻水吸引器を使うメリットについて解説します



鼻水吸引器を使うメリットを考える



あらゆるものには使うことに対するメリットとデメリットが存在します。鼻水吸引器を使うときもこの考え方からは逃れることができず、必ず長所と短所が存在しているのです。また鼻水を吸引する方法にもいくつかあるので、どのような方法を用いるかによっても変わってきます。

まず、あらゆる種類の吸引器具のメリットは二次感染を防げるということでしょう。赤ちゃんの鼻水を口で吸引するという方法もありますが、病原菌を一時的に口の中に入れることは危険ですので、親も病気に感染する可能性があります。これを器具を使うことで確実に防げるようになるでしょう。

また、赤ちゃんが鼻を自力でかめるようになるまでといった非常に短い期間でしか使えないと思っている方もいるでしょうが、大人になっても使えるものが大半なので、花粉症やアレルギーで鼻の症状に苦しんでいる方なら大きな味方となってくれます。

そして、子供の風邪の悪化を未然に防げるようになるということは大人が看病する時間も減るということなので、自由な時間を確保しやすくなるともいえます。大人の場合も一緒で、鼻の症状を吸引器一つである程度解決することができれば、病院に行く回数も減っていきます。症状が重ければ病院に行く必要がありますが、鼻がすっきりする事だけでも寝苦しい夜などを回避できるようになりますので、日常生活が格段に変わってくることでしょう。

鼻詰まりが酷いと夜もなかなか寝付けなくなるので、花粉症が増えた現代では苦しんでいる方が増えてきています。そのような人たちこそ吸引器の力を一度試してみると良いでしょう。寝ている時は喉に入って咳が酷くなる場合もあるので、すっきりすることでだいぶ変わってきます。



電動式鼻水吸引器の特徴について



電動式の吸引器のメリットや特徴について考えていきましょう。まず、なんといっても手動のものと比べると吸引力が段違いに異なります。電動ですので、人間では出せない吸引力を発揮してくれるのです。手動タイプの吸引器だと粘着質が強い鼻水の場合うまくいかない可能性が高いのですが、自動ならしつこい鼻水も除去できることでしょう。角度や位置を少し変えることで、きれいに除去することができます。据え置きタイプの場合は吸引力が優れていることから鼻水をしっかり除去したいという方にはうってつけの商品となりますが、持ち運びができるタイプなら出張などの遠方に移動した時にも用いることができるのがメリットとなっています。また、丸洗いが可能なタイプだと洗いやすいので衛生管理も簡単に行えるようになります。

ここで注意していただきたいのが、これらの商品を求めるうえでのポイントです。インテリアや家具の場合は見た目やデザインで選ぶのは大いに結構なのですが、このように目的をもって購入するものの場合はデザイン性よりも自分が求めている性能なのかどうかを判断材料にしましょう。メンテナンス性を意識して造られた商品もありますので、性能面で問題がないのならメンテナンス性で選ぶのも重要です。メンテナンス性が低いと使い続けるのは困難なので、しっかりとケアしやすいものを選んでください。さらに電動の吸引機は子育てをするうえで役に立つアイテムではありますが、値段が高すぎると購入できないものでもありますので、必ず値段もチェックする必要があります。



子供は鼻水トラブルが大人よりも多い



鼻水吸引器は大人でも使うことができますが、やはり鼻水関連のトラブルが多くなりがちな子供や赤ちゃんが中心となってくるでしょう。乳幼児の子供は鼻の中の空間が狭いため、鼻水が少しでも増えてしまうと鼻詰まりの状態になりやすくなってしまいます。また、鼻水の分泌もちょっとした気温の変化で増えてしまうので、鼻トラブルは大人よりも増えやすいのです。さらに、子供の場合は鼻と耳を繋ぐ耳管と呼ばれる部分が大人よりも水平になっているため、鼻水が増えることでその菌が耳に入る確率が大人よりもはるかに高いのです。つまり、中耳炎といったトラブルは大人よりも子供に圧倒的に多いのはこういうところからきているのです。

このように、子供は鼻水が出やすい体質でありながら、悪化しやすい状況にあるので、しっかりとしたケアが重要となってくるのです。しかし、子供は鼻をうまくかめないことが多く、鼻詰まりに苦しむことが多いため、吸引器を効果的に使って副鼻腔炎や中耳炎にならないようにしましょう。購入する際、価格で戸惑ってしまう人もいるかもしれませんが、手動タイプのものもありますので、まずはそちらを使ってみるとよいでしょう。

大人になってしまうと子供の苦しみはなかなか理解してあげられなくなってしまうものですが、今の子供たちは昔の子供と比べてアレルギー症状に苦しんでいる人が多いので、鼻水症状に困っている子も多いということを理解してあげましょう。


▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?
2位 理想的な電動鼻水吸引器とは?
3位 いつでもきれいに活用したい!鼻水吸引器の洗い方のコツを紹介
4位 中耳炎にならないためにも鼻水吸引を行おう
5位 赤ちゃんの健康を守ってくれる鼻水吸引器の正しい選び方

おすすめの電動鼻水吸引器