鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?

トップページ > コラム > 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?

鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?


赤ちゃんの鼻水を吸い取る


赤ちゃんのお世話に慣れないうちは、やるべきことが山のようにあって、苦労している人も多いでしょう。

それだけ赤ちゃんには親のサポートが必要不可欠で、ちょっとしたことで病気になることも珍しくありません。

特に風邪などの大人なら数日もあれば治る病気も、子供には大きな負担となり、より重い病気に発展することもあるので、できる限り普段の生活の中から予防しなければなりません。

定期的に病院で検査してもらうなどの対策も欠かせませんが、やはり普段の生活の中での予防法は知っておきたいところです。

赤ちゃんの粘膜は大人に比べて非常に脆弱です。
そのため多少の細菌類も急いで排出しようとして、さまざまな反応を示します。

赤ちゃんの鼻水が大量に出るのも、風邪などのウイルス類から身を守るための反応のひとつです。

大人ならティッシュで鼻をかめばそれでOKなのですが、赤ちゃんは自分で鼻をかむことが出来ません。

そのため鼻水が出たら出っ放しで、鼻づまりになったり、鼻水が逆流して風邪や中耳炎になることもあります。
子供を病気にさせないためにも、大人が代わりに鼻水を吸い取ってあげましょう。

昔は赤ちゃんの鼻に口をつけて、直接鼻水を吸い取ることが多かったですが、今ではウイルスの感染が問題視されるようになっているため、専用の鼻水吸引器が使われています。

主なタイプとして、口から吸い込んで取り込むタイプと、電動タイプがあるので、どちらのタイプを使うか考えてみましょう。

メリット・デメリットをチェック


鼻水吸引器には口から吸うタイプと電動タイプがあります。
もちろんどちらを選んでもかまいませんが、双方のメリットとデメリットを知った上で判断したいところです。

さらにメーカーによる違いもあるので、店頭でもどんな商品があるのかチェックしてみましょう。

まず口から吸うタイプですが、こちらは直接口から吸うわけではありません。
吸い取った鼻水は専用のタンクのような場所に入る仕組みになっており、自分の口に鼻水が入る心配はありません。

一番のメリットは手軽に利用できる点で、販売価格は安いので、必要になればすぐに用意できますし、面倒な作業やメンテナンスも必要なく、自分のさじかげんで吸い込むスピードなどを調整できるので、子供の様子に合わせて鼻水を吸い取れます。

ただし、鼻水が口に直接入らないとはいえ、空気を吸う関係上、どうしても細菌やウイルスが口から進入するデメリットは避けられません。

対して電動タイプの鼻水吸引器は、自動で鼻水を吸い取れます。

どろどろの鼻水は、口から吸うタイプだと吸い取りにくくて苦労しますが、電動タイプなら一定のペースで常に鼻水を吸い取れるので、どろどろでもさらさらでも一度に綺麗に処理できます。

商品によって仕様が異なるので、メンテナンスがしやすいものや、吸引スピードを調整できるものなど、好みに応じて商品を選べるのも嬉しいところです。

逆に言えば商品によっては細かい吸い込み速度の調整が利かないなど、細かいところまで対応できないというデメリットともいえますし、また鼻水を吸い込むために使うモーターがうるさく、赤ちゃんが嫌がることが多いです。

どちらの鼻水吸引器も、メリットとデメリットがあるので、どちらか片方を選ぶのにこだわらず、状況に応じて使い分けられるよう、両方を用意しておくのも良いかもしれません。

値段もそれほど高いものではありませんし、赤ちゃんの成長度合いにもよりますが、2歳半くらいまでは使う機会が多いので、多少お金をかけても損はしないでしょう。

健康維持のために


実際に赤ちゃんを育てることにならないと、鼻水を吸い取るという発想が出てこなかったという方もいるのではないでしょうか。

実際鼻水を吸い取ることなく、綿棒やティッシュで対処して、鼻水吸引器は使わなかったという方もいるようです。

とはいえ鼻水を無視して育てていたという方はほとんどおらず、何かしらの方法で鼻水は処理しています。

赤ちゃんの鼻水を処理する方法として、鼻水吸引器は大変優れており、綺麗に鼻水を取り除くことで、赤ちゃんの健康維持に貢献してくれます。

鼻水がきっかけで起きる病気には、風邪や中耳炎以外にも、蓄膿症や急性副鼻腔炎などがあり、いずれも放置しておくわけにはいきません。

鼻水がたくさん出ていると思ったら、定期的に鼻水吸引器を使って吸い取ってあげましょう。

時にはアレルギー反応が現れて鼻水が出たり、すでにウイルスに感染して、鼻水が大量に出ていることもあります。

普段鼻水を吸っているときと違い、透明な鼻水が絶えず出るようになったり、いわゆるあおっ鼻が出るようになったときは、鼻水を吸い込んだら、耳鼻科などで診察してもらいましょう。

こうした変化も、鼻水を定期的に吸い取っていると察知できるようになってくるので、たとえ健康でも、日頃のケアはやっておいて損はありません。

たかが鼻水と侮っていると、赤ちゃんはあっという間に病気になってしまいます。
鼻水吸引器で定期的に鼻水を取り、病気の予防と鼻水の変化の確認を同時に行いましょう。


▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?
2位 理想的な電動鼻水吸引器とは?
3位 いつでもきれいに活用したい!鼻水吸引器の洗い方のコツを紹介
4位 中耳炎にならないためにも鼻水吸引を行おう
5位 赤ちゃんの健康を守ってくれる鼻水吸引器の正しい選び方

おすすめの電動鼻水吸引器