鼻水吸引器についてのあれこれ

トップページ > コラム > 鼻水吸引器についてのあれこれ

鼻水吸引器についてのあれこれ

赤ちゃんがいる家庭にピッタリ


鼻水吸引器は赤ちゃんがいる家庭に一つは持っておきたい優れものです。赤ちゃんの時には鼻がグズグズする機会も少なくはなく、中耳炎や結膜炎になる理由にもなります。鼻水をしっかり吸ってあげることによって、これらの症状はしっかり防げるものです。
大きなタイプを分けると、大人が吸引するタイプとスポイトで吸引するタイプと電動の吸引器の3つがあります。大人が吸引するタイプは手頃な価格が魅力的で低価格での購入が可能です。あまり使用頻度が多くはないのなら、大人が吸引するタイプで十分といえるでしょう。洗いやすく、粘りのある鼻水も強く吸えて鼻の中を傷つけにくいというメリットもあります。大人の吸引力で問題なく鼻水が取れます。スポイトで吸引するタイプは価格が手頃で持ち運びにも長けており、鼻水が逆流する心配もありません。大人が吸わなくても鼻水が吸える上に、コツをつかむのもそう難しくはないはずです。耳鼻科に足を運ばなくても、問題なく赤ちゃんの鼻水が吸える代物となります。
そして、最も効果的となるのは電動の吸引器です。決して価格は安くはないものの、大人にも使えるという嬉しいポイントがあります。鼻水吸引キットも付いており、使用方法についても電源を入れれば使用できて吸い込み力の調整も可能です。価格が価格だけに効果については折り紙つきです。電源を入れるだけでどんどん吸えるもので、子供が嫌がることもありません。赤ちゃんに限らず、鼻が弱くしょっちゅう鼻をぐずぐずさせているのなら、使用頻度が多くなっていくものです。だからこそ、一つは用意しておいた方が良いでしょう。

鼻水吸引器の具体的な使い方について


鼻水吸引器の使い方はそれぞれで異なるものの、基本となるものがあるのも事実です。鼻水給水期の使用できる月齢などの確認をしておきましょう。鼻水を吸う際は交互におよそ3~5秒ずつ吸うのもポイントで、長く鼻水を吸うと耳が陰圧になるのが注意点です。鼻水を吸う際にはもう片方の鼻と口は塞がないようにするのも大切となります。チューブを奥に入れ過ぎないようにするのも意識すべきで、これは鼻の粘膜が傷つく可能性を考慮してのものです。チューブを鼻に入れる際には少し水で濡らしておくと吸いやすくなり、蒸しタオルで温めるのも効果的となります。
それぞれのものによって使い方は当然変わっていくものの、基本を覚えておくことも大切です。鼻水で悩みを抱えている方にとって優れものであるのは間違いありません。耳鼻科に足を運ぶのは小さな子供を抱えて手間も時間もかかって大変ですが、自宅で簡単に鼻水の処理ができるのが大きいです。

どのタイプを選択すべきかは人それぞれ


鼻水吸引器には様々なタイプがあり、それぞれのニーズに合わせて選択をすれば問題ありません。一概にどのタイプを選択しないといけないという訳ではありません。本当は電動の吸引器を使用したいと思う部分があるものの、価格の面がネックになる方もいるでしょう。1000円以下で購入できるタイプも数多く存在しているため、合わせて選択肢に入れた方が良いかもしれません。携帯電話やスマートフォンを持っていれば、通販サイトでどういった商品があるのかをすぐにチェックできます。ショップに足を運んでの購入が難しいという方であっても、通販サイトを活用するのなら簡単に購入ができるでしょう。
問題となるのは家族構成や使用頻度です。家族の中に鼻水で鼻がグズグズする方が多いのなら、やはり電動の鼻水吸引器を持っているのが良いでしょう。子供だけではなく、大人にも使用できるのが大きなポイントになるからです。少しでも経済的な負担を軽減したいのなら、1000円以下の商品を選択すれば良いでしょう。家族の状況に合わせて選択をすれば、適切な選択ができるようになります。もちろん、使用頻度についても考えないといけないところです。いくら機能面が最高であっても、あまり使用しないのであれば宝の持ち腐れとなってしまうので、使用頻度から考えての購入も視野に入れた方が良いでしょう。
どのタイプを選択すれば良いか分からないのなら、まずは購入してみるのがおすすめです。どのタイプが本当に適しているのかは実際に使用してみないと分からないことも少なくありません。ピッタリのタイプを選択できるのなら、今後購入するにあたって迷うことはなくなるでしょう。今の時代においては購入する術は多岐に亘っているため、購入にあたって困ることもそうはないものです。耳鼻科に行っての治療を受けるのが最も確実な方法であるのは間違いないものの、病院が近くにないなどの問題がある方も少なくないでしょう。自宅で簡単に鼻水を吸って問題をクリアできるのならそれが最高と思う方も多いはずです。鼻水吸引器を多くの方が使用しているのは、それだけの価値があるからであり、購入して使用してみるとその便利さをしっかり実感できるでしょう。


▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?
2位 理想的な電動鼻水吸引器とは?
3位 いつでもきれいに活用したい!鼻水吸引器の洗い方のコツを紹介
4位 中耳炎にならないためにも鼻水吸引を行おう
5位 赤ちゃんの健康を守ってくれる鼻水吸引器の正しい選び方

おすすめの電動鼻水吸引器