鼻水吸引と年齢の関係について

トップページ > コラム > 鼻水吸引と年齢の関係について

鼻水吸引と年齢の関係について

電動鼻水吸引器について


3歳~4歳になると自分で鼻をかめるようになる子供もいますが、まだまだ親が鼻水を取ってあげないといけないこともあります。当然ながら一度だけではなく、何度もティッシュで拭かないといけないもので、時として育児疲れの理由につながってしまいます。だからこそ便利であるのが電動鼻水吸引器です。電動で鼻水を吸い取れるもので、大人が使っても問題ありません。価格は決して安くはないものの、機能面などを重視すると持っておいて損はない商品となります。
この電動鼻水吸引器については、赤ちゃんに使用しても問題ありません。ただ、小さな赤ちゃんに使用するとなると、注意しないといけないことがあります。まずは長時間使い過ぎないようにしないといけません。赤ちゃんの粘膜は弱いからこそ、長時間の使用で炎症や出血につながってしまうこともあります。ノズルを使って空気を吸い込む際に空気が少ないことが、耳を痛めてしまう点を考慮すべきで、5秒程度の短時間の使用にしてこまめに鼻水を吸い出すようにします。
また、鼻の穴をふさがないようにするのも大切になります。ノズルを刺していない方の鼻の穴を塞いでしまうと、吸い出す空気の逃げ道がなくなってしまいます。鼻を塞いだ方が効果的という訳ではないのをしっかり頭に入れておいた方が良いでしょう。そして、ノズルを刺していない鼻の穴を塞いでいない場合でも、鼻づまりをしているのなら注意が必要になります。空気を吸い出せずに耳を痛めてしまう理由につながってしまうからです。ノズルを深く刺さない点も考慮すべきで、鼻の奥で出血する可能性もあります。鼻の穴のサイズにピッタリあったノズルを選択しないと、どんどん奥に差し込んでしまうのも要注意です。そして当然ながら、痛がっているのなら鼻の穴や耳に異常がある可能性があるため、すぐに病院で診てもらいましょう。中耳炎や急性副鼻腔炎の可能性があると考えての対応をしましょう。これらの事柄に注意すれば、年齢に関係なく電動鼻水吸引器は使用できます。

適切な電動鼻水吸引器の使い方について


電動鼻水吸引器は慣れてしまえば全く問題ないものの、慣れるまでが大変となります。そして、上手に電動鼻水吸引器を使うという点も考えないといけません。まず、ノズルが細くて鼻の穴が塞がっていないことが理由で、鼻水があまり吸い出せない場合があります。
ノズルには細いタイプもあれば、太いタイプもあるため、適切なタイプの選択が肝心です。先端の角度を変えるのも大切で、ノズルを鼻に刺しただけでは鼻水を吸えない可能性もあります。ノズルを鼻の内側や外側に向けての対応ができるのなら、問題なく上手に鼻水が吸えるようになるのはいうまでもありません。先端を360度回すイメージを持って対応すべきで、グリグリ動かしてしまうと赤ちゃんや子供の鼻の下が赤く炎症してしまいます。また、水分を多く摂取することで鼻水の水気が増して、吸い取りやすくなります。鼻水がずっと出ているのなら、水分不足になる可能性もあるからこそ、水分はできるだけ多く摂取した方が良いでしょう。
さらに、お風呂上りに使うという点もしっかり意識した方が良いです。お風呂上りは鼻水に水分が多く含まれているため、水っぽくなっているのが大きいです。蒸しタオルを鼻全体に当てて水っぽくする手もあるものの、息ができなくなってしまう可能性もあるため、口にはタオルを当てないようにしないといけません。

使用する人によっての対応を

"
電動鼻水吸引器を使用するにあたって考えるべき点は、使用する人の年齢です。簡単にいえば大人なら自分で使い方も力加減も調整できるものの、子供の場合は大人が調整しないといけません。電動鼻水吸引器でなくても、簡単に鼻水吸引ができる商品はあります。使用する人に対して適切であるのか、そしてニーズにマッチしているのかを考えて購入すべきかどうかを考えることが大切になります。
今の時代においては、通販サイトを活用すればどういった商品があるのかを知ることができます。使用するのが赤ちゃんや子供であるのなら、やはり機能性には拘っての対応が良いでしょう。大人だけが使用するのなら、それほど迷うことはないでしょう。
機能面が充実すれば、それだけ価格は高くなってしまうのが基本となります。経済的な負担を考えての選択をするのも大切であり、あまり使用しないのなら低価格の商品を選択するのが良いと思う人もいるかもしれませんが、やはり基本となるのは赤ちゃんや子供に使用することが目的となります。一概にどの商品を選択すれば良いかということではなく、それぞれに適した商品を選択するのが良いでしょう。様々な年齢で使用できるというのも嬉しいポイントであり、鼻水で悩む大人も子供も悩むことは少なくなっていくでしょう。興味がある方はまずは一度使用してみるのがおすすめで、使ってみればその商品の使い心地はしっかり実感できるはずです。


▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?
2位 理想的な電動鼻水吸引器とは?
3位 いつでもきれいに活用したい!鼻水吸引器の洗い方のコツを紹介
4位 中耳炎にならないためにも鼻水吸引を行おう
5位 赤ちゃんの健康を守ってくれる鼻水吸引器の正しい選び方

おすすめの電動鼻水吸引器