鼻水をきれいに吸引することが出来る器具とは

トップページ > コラム > 鼻水をきれいに吸引することが出来る器具とは

鼻水をきれいに吸引することが出来る器具とは



鼻水をきれいに吸引したいというときの便利グッズ



大人でも鼻水が出たり鼻づまりになると本当に集中力がなくなりますし精神的にいらいらします。仕事も勉強もはかどりませんし、子供は特に食欲なども落ちる子がいるので非常に困ります。赤ちゃんはミルクを飲むことができなくなり、抵抗力が落ちるのでそのほかの病気にかかりやすくなる恐れがあります。

風邪などが原因となって鼻水が止まらないという状態を何とかしたいと考えるとき、栄養をしっかり摂らせることが重要だと考えますが、ミルクなどを飲むことができないのですから、栄養を摂らせることもできず、なかなか治りにくいという悪循環になってしまうのです。

また大人も子供も、鼻が出てくると喉に落ちて気持ちが悪いですし、せきこんでしまうので睡眠もしっかり取れなくなります。睡眠も取れない、栄養も摂れないという状態となるので、大人も子供も抵抗力が落ちて病気が治りにくくなります。

大人は鼻をティッシュなどでかむことができますが、赤ちゃんは自分でかむことができません。鼻の調子が悪いのでぐずぐず泣くばかりでママも困ってしまいます。こういうとき役立つのが鼻を吸ってくれる吸引グッズです。スポイトのもの、ストロータイプのもの、電動タイプのものなど様々なものがあるので、赤ちゃんに合ったものを利用したいものです。

さらさらした水鼻ならスポイトタイプでも、ストロータイプでも吸い取ることができますが、RSウイルスが原因だったり、インフルエンザなどになり、粘性の高い鼻水という場合、吸引してもなかなか吸い取ることができません。赤ちゃんが辛そうな場合には、病院で吸引してもらうのも一つの方法です。家庭で利用できる電動タイプの物もかなりいい商品が多くなっていますので、どのような商品があるか、確認して利用してみるといいでしょう。



鼻水をどのくらい吸い取れるのか能力をしっかり見ることが大切



日本では鼻水をお母さんなどが、赤ちゃんの鼻から直接口から吸い取るなど、昔から行われてきたようですが、海外では昔からグッズなどの利用が多く、現在は多くの家庭で電動の吸引機を利用しているといいます。親が吸うという日本のやり方もいいのですが、親から子、子から親へウイルスや雑菌類を感染させるかもしれないと考えるとやはりグッズなどを利用するほうが衛生的です。吸いすぎてしまうということは少ないのですが、やはり衛生面を考えるとグッズのほうがよさそうです。

電動の吸引グッズは効果的なものが多くなっていますが、中には吸引力が少なく、あまり効果的ではないものもあります。吸引力をよく確認することが必要ですが、これは最大圧力と排気流量を確認することで理解できます。病院で利用している機器ほど高い能力を持っているものはありませんが、かなり強い能力を持っているものも登場しているので、電動の商品を購入するということなら、圧力と排気流量の数値をしっかり確認しましょう。

次にボトルの容量について確認します。吸い取った鼻汁はボトルの中に溜まっていきます。清掃するのでそれほどの容量は必要ないと思いますが、鼻汁の量が多いときにはボトルにすぐ、鼻汁がたまってしまうのである程度の容量があるほうが便利です。

コンパクトな物がいいという声もありますが、あまりに大きな物ではないということなら、ある程度の大きさがあってもいいでしょう。通常はこうした鼻を吸い取る機器を持ち歩くということはありません。家庭内においてそれほど場所をとらないというものなら問題ないと考えて、機能性を重視して選ぶほうが安心です。



鼻水をさっと吸い取る方法、使い勝手のいい器具を利用する



赤ちゃんは鼻水が出てくるとぐずりますし、スポイトタイプでもストロータイプのものでも、鼻に異物を入れて吸い取るという方法になるので、嫌がるお子さんが多いようです。鼻の中に器具を入れられるのですから大人だって嫌です。そのため、素早くさっと利用できる機器のほうがお子さんもストレスがありません。こうしたことも考えながら鼻水を吸いとる機器の購入を考えてみるのも良いでしょう。

使い勝手のいい機器でいつ鼻を吸い取るのがいいのか?というと、お風呂上りが最も適しているようです。体が温まり鼻水が最も出やすくなっていう状態です。お風呂のお湯から出る蒸気によって適度な湿度が粘性を低くしてくれて、吸い取りやすくなっています。着替えをさせているときなど、赤ちゃんが他の事に気を取られているうちにさっと吸いだすことができるとストレスが少なく終わります。

こうした鼻の吸いだし方などは、インターネット上に、吸い出し方、器具の利用方法、赤ちゃんが嫌がらない方法など先輩ママさんたちが教えてくれる動画などもあります。赤ちゃんの鼻を吸いだしたことがない新米ママにも参考になるでしょう。

説明書をしっかり読むこと、清掃をしっかり行うこと、清潔に利用することなどが重要です。また鼻を吸うという用途のほかには利用しないということも大切なことです。

鼻水が出ていると赤ちゃんの食欲も落ちますし、ミルクが飲めない状態が継続するとほかの病気になる可能性もあります。そうならないように、鼻水がまだひどくない状態でできれば病院に連れて行って、治療を行う、お薬を利用するなど早めに対応することが望まれます。


▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?
2位 理想的な電動鼻水吸引器とは?
3位 いつでもきれいに活用したい!鼻水吸引器の洗い方のコツを紹介
4位 中耳炎にならないためにも鼻水吸引を行おう
5位 赤ちゃんの健康を守ってくれる鼻水吸引器の正しい選び方

おすすめの電動鼻水吸引器