鼻水が出るとなぜ頭痛がするの?対処法はどうすればいいの?

トップページ > コラム > 鼻水が出るとなぜ頭痛がするの?対処法はどうすればいいの?

鼻水が出るとなぜ頭痛がするの?対処法はどうすればいいの?

鼻水が出ると頭痛がする原因とは?


鼻炎になると鼻水が止まらない症状になってしまうだけでなく同時に頭痛が発生する場合があります。そもそもなぜ鼻水が止まらないのかといいますと、風邪のウイルスが原因になっていることもありますし、さらにアレルギー反応が原因になっていることもあります。鼻炎になると鼻の奥の副鼻腔という場所に鼻水がたまるようになります。副鼻腔というのは通常であれば空洞なのですが、実は副鼻腔に鼻水がたまってしまうと頭痛が発症してしまうことがあります。また、三叉神経が刺激されてしまうので顔面全体が痛くなることもあります。
一般的に鼻が詰まってしまうと鼻呼吸ができなくなってしまうので、酸素不足になってしまいます。酸素不足になるとやはり頭痛がしてしまうことがあります。鼻づまりになってしまうと口呼吸になることが多いのですが、そもそも口というのは呼吸をする場所ではないので、いくら口呼吸をしたとしても鼻呼吸ほど十分に酸素を取りこむことができなくなります。
鼻炎になっている方の中には頭痛が起きることを当たり前のように思っていることがありますが、頭痛というのは重大な病気になっている可能性も否定できません。脳の血管が切れたり詰まったりすると頭痛が発生するのですが、その原因がいつもの鼻炎によるものだと思っていると手遅れになってしまうことも考えられます。したがって、鼻炎が原因となる頭痛は可能な限り改善した方がいいのです。では、実際にどのようにして改善すればいいのでしょうか。

鼻水や頭痛がしたときにはまずは病院に行くことが大事


鼻水が出ることを諦めるのではなくて、まずは耳鼻咽喉科に通って診断してもらうといいでしょう。耳鼻咽喉科で受診すればすぐに鼻水が止まるというわけではありませんが、専門の機関で治療してもらえるので、少なからず症状が改善されて鼻水が減って頭痛が無くなることが期待できます。
また、耳鼻咽喉科で診断すれば普段からどのようにすればいいのかアドバイスをしてくれることもあります。例えば、鼻水が出るとどうしてもすすってしまう方が多いですが、実は鼻をすすると三叉神経が刺激されるために頭の痛みが発生しやすくなります。場合によっては鼻がかめないということもありますが、すするのではなくてできるだけ鼻をかむようにすることが大事です。また、鼻をかむときには手で鼻を押さえるのではなくて、きちんと鼻の中にある鼻水を出すことが大事です。
他にも、湿度が高いと実は鼻の中の通りが良くなり、頭痛が収まることがあります。そのため、もしも今すぐにでも頭の痛みを無くしたいのであれば、蒸しタオルを使って鼻に当てるというのも方法の一つです。蒸しタオルの暖かい湯気が鼻づまりを解消してくれるので、非常に楽になります。また、マスクをすることも息の中にある湿気を鼻に当てることと同じなので効果的です。
頭痛というのはとてもつらい症状なので、どうしてもすぐに改善したいと思うことがありますが、完治するまでには時間がかかります。数か月間定期的に通院することも珍しいことではありません。しかし、なかなか改善しないからといって通院を止めることだけは避けましょう。耳鼻咽喉科での医師のアドバイスに沿ってゆっくり改善することが一番の治療の近道になることもあります。したがって、医師からもう来なくても大丈夫だと告げられるまではきちんと通うことが大切です。

鼻水や頭痛の原因となる鼻炎を予防するためには?


実際に鼻炎を予防するためにはどうすればいいのでしょうか。やはり一番の予防方法は免疫力を高めることです。免疫力がダウンしていると、鼻炎だけでなく風邪を引いたりすることもあるので、より症状が重くなってしまうことがあります。現代はストレス社会とも言われていますが、偏食や夜更かし、そして職場などで嫌なことがあったらどうしてもストレスがたまって免疫力が落ちてしまいます。ストレスを全く受けないようにすることは難しいものです。そのため、できるだけ暴飲暴食は避けて早寝早起きの習慣を身につけるようにしましょう。
また、ストレスがたまっていると思ったら身体を十分に休ませることも大事です。特に花粉症の場合は免疫力をアップさせることで症状を改善することが期待できます。いくら普段から頭痛が酷いからといっても、薬に頼る生活を送っているといつまでたっても症状が軽減できません。普段からのライフスタイルを見つめなおすことでつらい鼻水や頭痛を改善することができる場合もあります。
また、不安なことがあったら早い段階で耳鼻咽喉科に通って相談するといいでしょう。症状が悪化する前に医師からの適切なアドバイスを受けることで、早期改善が目指せます。また、定期的に病院に通うときには無駄に時間やお金をかけないように駅から近くにある病院に通うようにするといいでしょう。遠くにあると通うことが困難になるので、症状を改善するためには病院の場所選びも大事です。


▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?
2位 理想的な電動鼻水吸引器とは?
3位 いつでもきれいに活用したい!鼻水吸引器の洗い方のコツを紹介
4位 中耳炎にならないためにも鼻水吸引を行おう
5位 赤ちゃんの健康を守ってくれる鼻水吸引器の正しい選び方

おすすめの電動鼻水吸引器