赤ちゃんの鼻詰まりの原因と治し方とは

トップページ > コラム > 赤ちゃんの鼻詰まりの原因と治し方とは

赤ちゃんの鼻詰まりの原因と治し方とは



赤ちゃんの鼻詰まりは危険



赤ちゃんの鼻が詰まって呼吸が苦しそうにしていることはないでしょうか。鼻詰まりのため苦しくて機嫌が悪くなったり、母乳やミルクを飲まなくなってしまうとママはとても大変ですし、心配になります。赤ちゃんは生後6カ月くらいになるとママからもらった免疫がなくなり、ウイルスに対する抵抗力が弱くなってしまいます。このため鼻や口からウイルスが侵入すると、鼻水やせきなどで体の外へウイルスを出そうと体が反応します。これが鼻詰まりの原因です。

この鼻水にはウイルスや細菌が多く含まれているだけではなく、赤ちゃんの鼻の奥深くまで鼻水が詰まっていることがあるのでとても注意が必要です。見た目では鼻水が詰まっているように見えなくても実は赤ちゃんの鼻の奥には鼻水がたくさんあるのです。ただの鼻詰まりと軽く考えていると、蓄膿症や状態が悪化することで中耳炎を起こしてしまうことがあります。

赤ちゃんの耳は大人と形が違い、鼻水が耳に流れやすく、1日中横になっているため鼻水が詰まりやすい構造になっています。そのため中耳炎になりやすいのです。最悪のケースは鼻詰まりにママが気づかず、呼吸困難になるということです。赤ちゃんの鼻が詰まっていたら早急に鼻詰まりを解消してあげましょう。



赤ちゃんの鼻詰まりには鼻吸い器



赤ちゃんの鼻詰まりを解消するには、鼻吸い器を利用するととても便利です。最初の頃は赤ちゃんが嫌がって暴れてしまいますが、慣れてくると鼻が楽になることが分かるので抵抗することなくスムーズに行うことができます。鼻吸い器には電動のものと、ママが口で吸うタイプのものがありますが、電動のものがオススメです。電動のものであれば吸う力加減が簡単にできるので、赤ちゃんの様子を見ながら力加減を調節して使ってください。あまり強く吸ってしまうと赤ちゃんの鼻の粘膜を傷つけてしまうことになりますので注意しながら行いましょう。チューブは赤ちゃんの鼻の大きさによって使い分けることができますので、赤ちゃんに大きすぎて使えないということがありません。

ママが口で吸うタイプの鼻吸い器は手軽に購入することができ、値段も1000円程度と安いのですが、吸っているママに風邪がうつってしまうことがあります。ウイルスが鼻吸い器を通してママに行ってしまうので、感染を防ぐ意味でも自動の鼻吸い器が安全です。どちらの鼻吸い器でも小まめに鼻水を吸うようにし、赤ちゃんの呼吸を楽にしてあげ、中耳炎になってしまうのを防ぎましょう。



手軽にできる赤ちゃんの鼻詰まり対策



鼻吸い器を使って鼻詰まりを解消できれば、鼻の奥にまである鼻水を取り除くことができるので一番いいのですが、泣き叫んでしまったり、暴れたりしてはママも赤ちゃんも疲れてしまいます。そんな時は家にあるものを使って手軽にできる方法で鼻詰まりを解消してみましょう。

鼻詰まりは血行を促進することで解消することができます。温かいタオルで赤ちゃんの鼻の頭、鼻の下を優しく拭いてあげましょう。特に鼻の頭には少しタオルを置き蒸すようなイメージで拭いてあげると効果的です。温かいタオルで鼻の周りを拭くことで鼻詰まりを解消することができますし、具合の悪い赤ちゃんとママのスキンシップも図ることができ、赤ちゃんが安心してくれます。

もう一つはお風呂に入れてあげることです。お風呂の温かい蒸気が鼻に入ることで鼻詰まりを解消する効果があります。赤ちゃんはお風呂好きなのでとても喜んでくれるでしょう。目で見える所にある鼻水はお風呂に入っている時に取り除いてきれいにしてあげてください。熱がある時などはお風呂に入れてあげることができないので、そんな時は温かいタオルで体を拭いてあげましょう。1枚のタオルでするのではなく、3枚程度タオルを用意し、タオルが冷めてきたら新しいタオルにすることで常に温かいタオルで拭いてあげることができます。水で濡らしたタオルを電子レンジで温めて使うとお湯で濡らしたものより温かさが持続します。

加湿器を使って部屋の湿度を上げることも赤ちゃんの鼻詰まりを解消するには効果的です。乾燥している部屋では鼻の粘膜も乾燥しがちになってしまうので、湿度を保つことで鼻詰まりを治してあげましょう。部屋の湿度が60%程度あると体外に排出されたウイルスが部屋の中で繁殖せず死滅しますので、ママや家族への二次感染を防ぐこともできます。



赤ちゃんの鼻詰まりで受診の目安とは



赤ちゃんの鼻詰まりの場合、病院で受診するべきか迷うのではないでしょうか。特に鼻詰まりだけで他に症状がない時など、どうしていいのかわからない方も多いと思います。病院で受診する目安としては、赤ちゃんがぐったりしている、母乳やミルクを飲まない、熱があるなどの症状がある時は早急に受診が必要です。それ以外で鼻詰まりはあるものの元気にしているようであれば、しばらく鼻吸い器を使いながら様子を見てもいいでしょう。体内に入ってしまったウイルスを排出するために鼻詰まりを起こしているので自然と治るのを待ちましょう。もちろん鼻詰まりで赤ちゃんがなかなか寝てくれない、機嫌が悪いなどが続くようであれば赤ちゃんへの負担が大きくなってしまうので受診をおすすめします。


▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?
2位 理想的な電動鼻水吸引器とは?
3位 いつでもきれいに活用したい!鼻水吸引器の洗い方のコツを紹介
4位 中耳炎にならないためにも鼻水吸引を行おう
5位 赤ちゃんの健康を守ってくれる鼻水吸引器の正しい選び方

おすすめの電動鼻水吸引器