自己耳管通気器具とはどういう器具?どんな効果がある?

トップページ > コラム > 自己耳管通気器具とはどういう器具?どんな効果がある?

自己耳管通気器具とはどういう器具?どんな効果がある?



滲出性中耳炎とはどういう病気なのか



子供の頃から中耳炎になりやすく、何度もかかっているという方がいます。この中耳炎という病気は、痛みがかなり強いですし、ひどくなると膿が出てきて悪化すれば耳が聞こえにくくなることもあります。中耳炎にも様々な種類がありますが、厄介な病気の一つに、滲出性中耳炎という病気があります。

この病気は鼓膜の奥にある中耳腔という部分に浸出液がたまってしまうという病気です。この病気の代表的な症状としては難聴です。難聴気味になっても症状が軽いから通院しなくてもいいと思ってしまうのは大間違いなのです。痛みがないからいつか治る、放っておけば治ると思っているのは危険で、放置したままにすると取り返しのつかない状態になってしまう場合もあるのです。

ではこの滲出性中耳炎という病気をどのように治療するのか、一般的には1~2週間ごとの通院が必要といわれています。治療期間は様々で、薬を使えば1週間程度で治癒することもありますが、1カ月かかることもあります。この期間中、耳が聞こえないというストレスを抱えながら過ごさなければならず、耳がぼーっとしていて物を聞き取れないことのストレスは思ったよりもつらいものです。またどうしても聞こうとするので、かなり疲労します。

そのほかの中耳炎のように痛みが強烈というものではないので、痛みについてのストレスは少ないのですが、耳が聞こえにくいという大きなストレスのある状態は、痛みよりもなんともできない厄介さがあります。治療については浸出液を取り除き、副腎皮質ホルモンのステロイドを利用した治療を行ったり、漢方薬などを利用したりすることもあります。

この滲出性中耳炎の厄介な症状は、ある治療法で光明が見えてきています。それは、自己耳管通気器具という器具がこの症状を改善してくれるかもしれないからです。自己耳管通気器具とはどういうものなのか、よく理解しておきましょう。



自己耳管通気器具という器具を知らない人が多い



自己耳管通気器具という器具ができたことで、この疾患になった方が大きなストレスを抱えてきた悩み、難聴などの症状が改善されるかもしれません。この方法は鼻の中で風船を膨らませて、中耳と鼻腔をつないでいる耳管と呼ばれる細い部分、管を開放させるという方法です。

開放すると中耳内の気圧、それに外気圧を一緒にすることができます。非常に単純な方法ですが、こうした方法によって治療ができるのなら、副作用の心配があるステロイドなどの強い薬を極力少なくして治療に臨めます。風船によるこの器具のことを自己耳管通気器具といい、海外で開発された医療器具なのですが、耳の病気に悩む人が注目しているのです。

この器具は医療器具で国内でも販売されています。医療器具と認可を受けている商品なので、もちろん安全性は確かでこの商品を利用することを推奨する医療機関もあります。しかし実際にはこうした自己耳管通気器具という器具があることなど、知らずにステロイド治療以外に治療できないと思っている方も多いのです。あまり知られていない器具ですが、ホームケアに最適な器具なので知っていると便利です。

滲出性中耳炎になってもすぐに治り、繰り返さないという方もいます。一時的に体が疲労していたことでこの病気になるということも多く、ストレスなども関係しているので、病気を繰り返しやすい人もいます。何度も滲出性中耳炎になるという方は、こうした自己耳管通気器具などの器具を利用することで、少しでも自宅でケアできることになります。

安全性が確立されている医療器具なので、何度も繰り返すようなら購入しておいても損はないのではないでしょうか。



用途は様々、もっと活用してほしい快適な自己耳管通気器具



日本では自己耳管通気器具の効果についてデータなどが出ていませんが、イギリスで発表された、鼻風船と呼ばれるこの器具の効果は、滲出性中耳炎に悩む方であればきっと目を見張るものです。非常に興味深い結果となっていますので、どのような効果があるのかしっかり理解されるほうがいいでしょう。

4歳から11歳の滲出性中耳炎を持っているお子さんに自己耳管通気器具を利用させた、また利用しないグループも作って1カ月から3カ月にかけてその経過を観察した記録があります。この機械を1日1回から3回利用するという目的として行った結果なのですが、この器具を利用した方は多くが、利用していない人よりも鼓膜の状態がよくなったと報告されています。

この鼓膜の状態がよくなったということについては、利用したグループと利用しなかったグループで顕著な差が出ていて、滲出性中耳炎にかなり効果的な器具ということがわかりました。滲出性中耳炎という病気について副腎皮質ホルモンを利用したステロイドではない治療ができるということは画期的なことです。

しかしこの方法は日本でマイナーな方法で、滲出性中耳炎に対して確実性の高い器具をもっと利用すればいいのにと考えている方も多いでしょう。日本にもこの器具は輸入されており、購入したい、利用してみたいという方は、まずかかりつけの医師に確認し、病状にあったものを選択するほうがいいと思います。

海外では小さいお子さんから大人の方まで幅広い年齢層の方が利用している方法です。またこの機器はダイビング、飛行機の中で気圧による耳への影響についても、予防効果があるのではと期待されています。


▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?
2位 理想的な電動鼻水吸引器とは?
3位 いつでもきれいに活用したい!鼻水吸引器の洗い方のコツを紹介
4位 中耳炎にならないためにも鼻水吸引を行おう
5位 赤ちゃんの健康を守ってくれる鼻水吸引器の正しい選び方

おすすめの電動鼻水吸引器