理想的な電動鼻水吸引器とは?

トップページ > コラム > 理想的な電動鼻水吸引器とは?

理想的な電動鼻水吸引器とは?


電動鼻水吸引器で鼻のケアをしっかり行いましょう


鼻づまりがあると赤ちゃんはミルクを飲むことができなくなりますし、離乳食の時期に入っているお子さんでもものが食べにくくなったり、食欲自体が落ちてしまったりすることがあります。

鼻水くらいと放っておくと、悪化して結局中耳炎になり耳鼻科に行かなければならなくなるという方もいます。

病院や家庭でしっかりケアすることが必要となりますが、赤ちゃんの場合、親御さんがしっかりケアしなければならないのでグッズがあると便利です。

鼻水の吸引については様々な道具がありますが、昔はお母さんやおばあちゃんが赤ちゃんの鼻から直接鼻水を吸い取るなどしていました。

最近はスポイトやストロータイプの鼻水吸引の道具があるので非常に便利になりました。
ただ、こうしたグッズの種類が多くてどんなものを購入すればいいのかを迷っているママも多いと思います。

鼻がいつもきれいな状態でいることは、耳の病気にしないことにもつながるので、赤ちゃんにあった鼻水吸引の器具を購入するのが望ましいでしょう。

電動鼻水吸引器も様々なものがあり、中には吸引力が弱いものもありますし、風邪が悪化した場合、鼻の奥のほうに詰まった粘性の高い鼻水はなかなか吸い取ることができません。

電動鼻水吸引器も、ある程度の吸引力が必要なのです。

粘性が高い鼻水が鼻の奥に詰まっている状態だと、そこから耳のほうに鼻水の中に含まれているウイルス、雑菌が移動し、中耳炎や炎症を引き起こす要因となります。

大人は自分のどのあたりが痛いのかを病院へ行って説明できますし、「耳が痛い」とはっきり伝えることができますが、子供、特にまだうまく口がきけないお子さんは痛いと口で表現できないので、ママが様子をよく見てあげなくてはなりません。

鼻水から別の病気に移行しないように、鼻水を丁寧に吸引してあげることも大切なことなのです。ではどういった電動鼻水吸引器があるかを紹介します。

どのような鼻水吸引の器械が望ましいのか


電動鼻水吸引器はいろいろな種類がありますが、吸引力がある程度強いものでないと、粘性のある鼻水をきれいに吸引することができませんし、鼻の奥のほうにある鼻水を吸い取ることもできません。

そのため、購入の際に吸引力の強さを調べておくことが必要です。

吸引力については説明書に排気流量と最大吸引圧力などとかかれていますので、その排気流量や最大吸引圧力の数値を確認してみます。

排気流量というのは1分間に排出できる空気の量が掲載されています。
最大吸引量は器械がどこまでの圧力で吸引できるか表しています。

こうした数値をしっかり確認するということも赤ちゃんに利用する機器については、重要なことです。

排気流量が大きいと最大圧力に到達するまでのスピードも速くなります。

その分、吸引力が強いということがわかりますので、排気流量が同じという場合は最大吸引力の大きさを確認して高いものを選ぶと吸引力が強いといえるでしょう。

病院で利用している吸引の器械は医療用となっていますので、医師が使用の仕方をよく理解して吸引してくれます。

そのため、強い吸引力を持った機器が使われていますが、家庭用の吸引器は医療用ほど吸引力が強くありません。

医療関係者ではない限りあまり強いものを利用すると、鼻の中を傷つけてしまう可能性があります。

こうしたことを踏まえて商品を見ていくと、医療用吸引器ほどの吸引力がなくても、ある程度の力がある器械を比較できるようになります。

赤ちゃんに利用するものということを頭にしっかり置いて、衛生面で問題がなくママが簡単に利用できる商品を選択することが必要となるでしょう。

鼻水でほかの疾患に移行しないように吸引機をうまく利用する


電動鼻水吸引器はある程度の吸引力がないと、鼻の奥のほうにある粘性の強い鼻水を吸い取ることができず、結果、それが残っていることで鼻の奥から炎症が広がり、中耳炎などの耳の病気になることがあります。

こうしたことを理解し、赤ちゃんの鼻水を丁寧に除去できる器械を選びたいものです。

さらにこうした器械は洗浄することが必要となるので、部品数が少なく手入れが楽という商品を選択するほうがいいでしょう。

手入れが楽になると丁寧に洗浄しますし、部品が複雑ではなく単純なほうが、より丁寧に清掃できます。

器械の中には鼻水をためておく先端部分だけを手入れすればいいようになっていて、そのほかの部分は掃除しなくてもよくなっている器械もあります。

ただ鼻水が通る部分はすべて洗浄できるようなものでないと、赤ちゃんの鼻に利用するものなので安心できません。
汚れる部分はしっかり清掃できるようになっていることが大切です。

使い方がわからないという場合や、トラブルが起きたというときに、即対応してくれるメーカーの商品が望ましいでしょう。

どのように操作すればいいか判断がつかない場合、メーカーによってはコールセンターなどがあり、いつでも質問できるようになっている機器もあります。

中耳炎になると病院にかかればいい、ということはありません。
赤ちゃんは痛みが強いと寝ませんし、鼻水が多いと食事、ミルクなどがうまく取れないので睡眠も取れなくなります。

精神的にいらいらするのは赤ちゃんばかりではなく、ママもお世話で眠れない、家事などができなくなるので、精神的にも参ってしまいます。電動鼻水吸引器で使い勝手のいいものがあれば、早めに購入し、鼻水で大きなトラブルにならないようにしておくといいでしょう。


▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?
2位 理想的な電動鼻水吸引器とは?
3位 いつでもきれいに活用したい!鼻水吸引器の洗い方のコツを紹介
4位 中耳炎にならないためにも鼻水吸引を行おう
5位 赤ちゃんの健康を守ってくれる鼻水吸引器の正しい選び方

おすすめの電動鼻水吸引器