急な鼻水のトラブルにはツボ押しが効果的

トップページ > コラム > 急な鼻水のトラブルにはツボ押しが効果的

急な鼻水のトラブルにはツボ押しが効果的

急な鼻トラブルの対策


身体の不調は様々なタイミングで現れますが、そのきっかけも人それぞれです。いわゆる急性鼻炎は、アレルギー反応や風邪のウイルスなどが原因で、主な症状として鼻水や鼻づまりが挙げられます。完治するまでには体内からアレルゲンや風邪のウイルスが取り除かれるのを待たなければならず、その間は症状が続きます。鼻水などの急な鼻トラブルをどうにかして改善したいときは、ツボ押しを試してみましょう。
ツボ押しは気軽に行なえる体調改善法です。特定の部位を刺激することで体調不良を改善できるので、仕事中や移動中など、治療や回復に専念できない場所でも行うことができます。改善の度合いに個人差があるともいわれていますが、同じ症状に効果があるツボも複数存在します。一通り刺激してみて、一番効果があると感じた場所を重点的に刺激してみるとよいでしょう。
どう刺激するかも、効果の現れ方に大きく影響します。例えば強く押さないと効果が出ない場所だと、力が足りないといまひとつ効果を発揮してくれません。逆に弱い刺激を与えたほうが効果が高い場所もあり、力が強すぎるとただ痛いだけで終わってしまいます。さらに長時間温めて初めて効果を発揮する場所などもあるの注意が必要です。その場合はお灸で刺激するのが最も有効です。とはいえ出先でお灸をするのは難しいので、使い捨てカイロやホットの缶コーヒーなど、温かいものを使って代用しましょう。
急性鼻炎による鼻水や鼻づまりは、ちょっとしたきっかけで表れます。気軽に鼻もかめない場所で現れることもあるので、いざという時の対策は覚えておいて損はありません。薬などを使ってももちろんいいですが、ツボの場所をある程度知っておくことで、様子を見ながら自分で対応することができます。

どこを刺激するのか


人間の身体には様々なツボが存在します。鼻の病気に関連するものだけでも複数の種類があるので、その中のいくつかを覚えておくだけでも、急性鼻炎などのトラブルにも即座に対応できます。例えば耳の付け根周辺は、鼻炎に効果があるといわれているツボがたくさんあります。外鼻、内鼻、腎上腺は、耳の穴の手前にあるふくらみに集中しており、それぞれがふくらみの表側と裏側に位置しているので、指でふくらみをつまめばまとめて刺激できます。指で満遍なく刺激すれば、様々な症状に効果を発揮してくれるでしょう。また耳の穴の下にある切れ込みのような箇所に内分泌があり、こちらは指を耳の穴に入れて、下側に向けて押すことで刺激できます。
鼻の病気のツボは、やはり鼻周辺にも多く見られます。迎香は小鼻のくぼみ近く、ちょうど犬歯の根元に位置し、その少し上には上迎香があり、いずれも鼻づまりの改善に効果があります。さらに頬骨の最も高い場所のすぐ下にある巨りょう、目頭の近くにある睛明などがあり、鼻水や鼻づまりなど、鼻炎につながる様々な症状を改善してくれます。他にもたくさんのツボがあるので、症状に合わせて刺激する場所を変えることで、効率良く症状を改善することが可能です。
他にも鼻炎の症状を改善する方法として、アレルゲンのない場所で安静にしたり、薬を飲んだりといった方法があります。とはいえ職場など、実践できない場所で過ごすことも珍しくありませんし、薬も眠気が出るなどの副作用のせいで、運転中は飲めないなどの欠点があります。その分ツボ押しなら、正しい場所さえ知っていればどこでも行なえます。他の対策が利用できないときなどに活用しましょう。

刺激する際にも工夫を


ツボ押しはただ刺激を与えるだけでは本来の効果を発揮できません。刺激の与え方一つで効果にも差が出てくるので、色々と工夫してみましょう。まず指で押す際は、力の加え方に気をつけましょう。場所によっては神経などが近く、力を入れすぎると痛みが出たり、他の箇所が不調になったりすることもあるので、部位によって力を弱めましょう。逆に思い切り強く刺激しないといけない箇所もあるので、指では力が足りないときは、専用のツボ押し器などがあると便利です。
指での刺激が難しい場所や弱い刺激が必要な場所は、温熱治療が有効なこともあります。長時間患部を温め続けることで、一定の刺激を与え続けるのに近い状態を作り、効果を最大限に引き出します。鍼灸院などで行なわれるお灸も温熱治療のためのもので、鼻水に関連するツボにも、温熱治療が効果的なものが存在します。
より本格的にツボを刺激したいときは、マッサージ師や鍼灸師などの専門家に任せてもらいましょう。ただのマッサージでも、素人がやるのとでは刺激の与え方がまったく異なります。微妙な力加減で適切な治療を施してくれるので、自分のマッサージに効果を感じられない方にオススメです。鍼やお灸による治療を手がけているところもあるので、時間が空いたら足を運んでみましょう。
鼻水や鼻づまりなど、急性鼻炎はいつ現れるか分かりません。ずっと症状を抑えられるのが最も好ましいですが、それが実現するケースはむずかしいでしょう。とはいえツボ押しなら症状が出たと感じた段階で実践することができます。症状が軽いうちに、いくつかのツボを刺激して、少しでも症状を和らげましょう。


▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?
2位 理想的な電動鼻水吸引器とは?
3位 いつでもきれいに活用したい!鼻水吸引器の洗い方のコツを紹介
4位 中耳炎にならないためにも鼻水吸引を行おう
5位 赤ちゃんの健康を守ってくれる鼻水吸引器の正しい選び方

おすすめの電動鼻水吸引器