プール熱はどんな病気なのか

トップページ > コラム > プール熱はどんな病気なのか

プール熱はどんな病気なのか



プール熱の基礎知識



プール熱は特に夏場に流行する夏風邪の一つで、幼稚園や、保育園などでプールに入る機会が多い時期にうつりやすいと言われている病気です。では、プールに入らなければ問題ないのかというと大丈夫ではありません。実際にプール熱についてあまり知識がないという方は知っておいた方がいい病気の一つでもあるので、ここでは具体的にどんな病気なのかについてお伝えします。

まず世の中で耳にすることも多いプール熱ですが、医学的には咽頭結膜熱といいます。プールを介して感染はしやすくなっていますが、通常の風邪のように飛沫感染や接触感染になるので、プール以外でも感染する可能性が高いと言われている病気です。その為、例えば学校など集団で集まる場所では集団感染になる可能性もあるので危険だと言われています。

ではどのような原因でプール熱にかかってしまうのかということですが、病原体としてはアデノウイルスです。これは一年中みられるウイルスの一つですが、ピークを迎えるのがこれからの6月から8月までの時期で起こります。また、患者は主に5歳以下が6割以上を占めており、子供が主に発症する病気です。先ほど飛沫感染や接触感染でうつると言いましたが、具体的に説明をすると、集団感染をする時は、例えばタオルを共用したことが原因で感染をしたり、それ以外は手指を介した接触感染によってうつったりなど比較的うつりやすくなっています。

では、プール熱になってしまった場合にはどのような症状が出るのかですが、人によって異なりますが、主な症状は喉の症状や目の症状、発熱の3つです。特に初めは発熱から始まることが多く、風邪の症状よりも重く39度から40度程の高い熱が出ることがほとんどです。しかも高い熱は4日から5日と長く続くのでつらい症状になります。また、喉の痛みなども出てくることがあり、口の中は真っ赤に腫れてしまうこともあります。症状は比較的重く、ウイルスの潜伏期間も約5日から7日ほどと言われています。このように、具体的に説明をしましたが、症状は重く子供にとってもつらい症状になるので、症状が酷いという場合には早めに小児科医などに相談するといいでしょう。



子供が感染した時の注意点



プール熱は主に子供が発症する症状になりますが、万が一これからの時期に感染した場合には注意したいことがいくつか存在しています。守ることで集団感染などのリスクを抑えることができるので、ここでは感染した時に注意したいことについて説明します。

まず1つ目に注意したいこととしては登校登園を停止することです。例えばインフルエンザなどは有名な病気になるので学校に行ってはならないと知っている人が多いですが、プール熱に関しても基本的には登校や登園はしてはいけない病気です。実際に学校保健法では第2種伝染病に指定がされており、熱が下がり、喉の痛みも取れて食事も通常通り行うことができるようになってからしか登校や登園は行うことができません。その為、症状によってはインフルエンザの時よりも多く休まなければならない可能性があります。間違っても大丈夫だと思って熱の症状がひどいのに学校に行ったりということは避けるようにしましょう。

続いての注意点としては感染するのは子供だけではないということです。アデノウイルスは子供が主に感染する病気なので大人は全く問題ないと思っている人もいますが、大人も感染する可能性があるので注意が必要です。なぜ、感染する可能性があるのかというと、アデノウイルスの感染力はとても強いと言われているからです。その為、例えば子供の看病をしていてうつってしまうということも考えられます。特に高齢者が感染してしまうと命に関わる可能性もあるので注意することが大切です。



予防法についても知っておこう



プール熱は感染してしまうとつらい症状で何日も学校などに行くことができなくなりますが、感染しないためにはどのような予防法が存在するのでしょうか。ここではどんな予防法があるのかについて説明をします。まず、大切になるのがプールに入った後は清潔にしておくことです。プールを利用した後にシャワーも浴びずにそのまま体を拭く子供もいますが、清潔な状態にしないと感染してしまう恐れもあります。プールのあとは必ずシャワーを浴びるようにしましょう。また、タオルなども共用すると感染の恐れがあるので、必ず個人で用意して使用することが大切です。

続いての予防法は手洗いうがいを忘れないことです。どんな風邪の予防などでもそうですが、手洗いうがいは大切です。例えばトイレのあとは手を石?で洗ったり、看病をする大人も石?やうがい専用の液を使用して清潔にしたりして感染を防ぐようにしましょう。

最後に大切なのが目をこすらないことです。プール熱は手に付着したウイルスが目に入ることによっても発症します。その為、目やになどをとるときでもティッシュを使用したりして直接触らないように注意しましょう。


▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?
2位 理想的な電動鼻水吸引器とは?
3位 いつでもきれいに活用したい!鼻水吸引器の洗い方のコツを紹介
4位 中耳炎にならないためにも鼻水吸引を行おう
5位 赤ちゃんの健康を守ってくれる鼻水吸引器の正しい選び方

おすすめの電動鼻水吸引器