ハンディタイプの鼻水吸引器で鼻水を処理

トップページ > コラム > ハンディタイプの鼻水吸引器で鼻水を処理

ハンディタイプの鼻水吸引器で鼻水を処理

赤ちゃんの鼻水対策


生まれたばかりの赤ちゃんは、ちょっとしたきっかけで体調を崩してしまいます。自身の抵抗力だけで病気を防げるようになるには、まだ少し時間がかかるので、できる範囲でサポートしてあげることが大切です。例えば赤ちゃんが風邪や中耳炎といった病気になるきっかけの一つが鼻水です。鼻水は鼻から入った細菌やウイルスを排出するために出るのですが、赤ちゃんの場合、細菌を防ぐフィルターである鼻毛が薄く、頻繁に鼻水を出して細菌を排出しなければなりません。
頻繁に鼻水を出す赤ちゃんですが、出した鼻水については、自分でかむことが出来ません。当然鼻水は垂れ流しの状態になり、鼻の中で乾いて詰まったり、口の中に逆流したりします。そうなると鼻づまりから蓄膿症を引き起こしたり、口から菌が入って風邪をひいたり、ひどいときには細菌が耳にまで移動し、中耳炎に発展します。これらの鼻水由来の病気を防ぐには、いったいどうすればよいのでしょうか。
赤ちゃんの鼻水をどうにかして処理したいときは、鼻水吸引器を使いましょう。鼻水吸引器は、鼻水を吸い込んでタンクに溜め込むベビー用品で、いちいちティッシュなどに吸わせたり、自分の口で直接鼻水を吸い取らなくても、綺麗に鼻水を吸い取れます。種類もいろいろあり、ハンディタイプは手のひらサイズで使いやすく、自宅はもちろん、外出先でも使えるなど大変便利です。他にもさまざまな種類があるので使い勝手や好みに応じて選んでみましょう。

ハンディタイプのここがオススメ


赤ちゃんの鼻水を吸い取る際に活躍する鼻水吸引器ですが、数ある種類の中でも、ハンディタイプは使いやすさが最大の売りです。手のひらサイズなので、どこに持ち運んでも邪魔になりませんし、外出先でも簡単に使えます。吸引方法はいくつかありますが、電動式の場合は電池を使って吸引するのが一般的です。吸引速度が一定なので、口から吸い込むタイプに比べ、ペースを落とすことなく気軽に鼻水を吸い取れます。吸い込む力も強いので、どろどろして吸い込みにくい鼻水にも十分対応できます。細かい力の調整は少々難しいですが、吸い取り口を離して使うなど、位置を調整しながら使えば、ある程度の調整は出来るでしょう。
ハンディタイプはメンテナンス性についても優れています。一度使ったらその都度鼻水を綺麗に取りのぞく必要がありますが、大抵の商品は使用後に洗えるよう作られているので、雑菌などが繁殖することはありません。鼻水で汚れたらその都度分解して水洗いすれば綺麗になります。分解するパーツが細かいと組みなおせるか少々不安ですが、商品によってはメンテナンス性を重視して、大きなパーツに分解できる設計になっているので、メンテナンスがちゃんとできるか不安な方は、そうした商品を使いましょう。もちろん電池の交換も行えるので、普段から使うことが多いなら、充電池も合わせて買っておけば経済的です。
お値段は5,000円ほどが相場といわれています。スポイトタイプや手や口で吸うタイプと比べると少々割高に感じるかもしれませんが、据え置き型に比べればリーズナブルで、口で吸い出すタイプに比べれば作業は格段に楽です。メーカーによってさらに使いやすい工夫がされているなど、さまざまな個性があるので、自分に合った商品を見つけたら、試しに手にとって見てはいかがでしょうか。

他のタイプと比較すると


鼻水吸引器には、ハンディタイプ以外にもさまざまな種類があります。ハンディタイプよりも優れた点があるものもあるので、ハンディタイプを購入しようか迷っている人は、他のタイプと比較しながら考えましょう。例えばスポイトタイプは、スポイトに吸い取り口が付いているだけのシンプルな商品で、ハンディタイプよりも格段に安く、持ち運びも簡単です。しかし吸い取る力が弱く、粘りの強い鼻水には対処が難しい場合があります。手動ポンプを使うタイプも同様で、安価ですが、比較的吸い取る力が弱いので、ハンディタイプに比べると対処できない場面がでてきます。
口から吸い取るタイプは、鼻水吸引器の代表とも言える商品で、古くから使われていますが、ハンディタイプに比べて、何度も息を吸い込む必要があり、肺活量が求められます。さらに細菌が口に侵入する恐れがあるので、風邪のリスクを避けるならハンディタイプがおすすめです。その代わり息を使う分、ハンディタイプよりも静かに使え、赤ちゃんの様子に合わせて吸う力を調整できます。
ハンディタイプよりも強力なものを求めているなら、据え置きタイプ以外にはありません。コンセントから給電するので、電池とは比べ物にならないパワーを発揮し、吸い取る力の調整も可能です。持ち運びに難はありますが、年中鼻水が出るという赤ちゃんがいる家庭にとっては必需品です。さらに花粉症などで大量に出る鼻水の対策として、大人が使うケースもあるようです。
鼻水吸引器にはいろいろな種類がありますが、それぞれ違った魅力が備わっています。どれを使うべきか迷ったときは、赤ちゃんとの相性で選びましょう。ほとんど鼻水が出ないなら、スポイトタイプでも十分ですし、常に鼻水が出るようなら据え置き式が良いでしょう。ハンディタイプはさまざまな鼻水に対応でき、持ち運びもしやすいので、外に出る機会が多い家庭や、鼻水の量が比較的多く、モーター音などを気にしない赤ちゃんにぴったりです。商品によって静音タイプや出力が強いものなど、細かい違いがあるので、それらも踏まえて理想の商品を探しましょう。


▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器は口タイプと電動タイプのどちらがおすすめ?
2位 理想的な電動鼻水吸引器とは?
3位 いつでもきれいに活用したい!鼻水吸引器の洗い方のコツを紹介
4位 中耳炎にならないためにも鼻水吸引を行おう
5位 赤ちゃんの健康を守ってくれる鼻水吸引器の正しい選び方

おすすめの電動鼻水吸引器