アデノウイルス感染症(プール熱)

TAIONIMGL0259_TP_V
かぜの原因となるウイルスの一つです。感染力が強いことが特徴で、飛沫だけでなく接触による感染もします。学校や保育園などでは登校許可書が必要になることがあります。

アデノウイルスにはA~F型に分類され血清型では51にも分けられています。かぜの約10%がアデノウイルスとも言われています。いわゆるはやり目、プール熱ともいわれる病気の原因菌もアデノウイルスです。

症状

TAIONIMGL0259_TP_V
潜伏期間は5~7日間ほどで、ウイルスの型で症状も異なりますが、発熱、咽頭炎、結膜炎などの症状を認めます。また、発熱は数日続くため、赤ちゃんの場合は脱水症状に特に注意が必要です。できるだけ少しずつゆっくりと水分を与えるようにしてください。

検査方法

検査キットがあるので、迅速に診断を行うことができます。検査方法は、溶連菌感染症の検査と同様に、のどの奥の病巣部から綿棒で検体を採取します。時間も5分ほどで完了できます。
目の充血、咽頭痛などがありアデノウイルス感染症が疑われる場合や周囲で流行していて症状が類似している場合には検査をしましょう。

治療方法

TAIONIMGL0259_TP_V
アデノウイルス感染症と診断された場合には対症療法が中心となります。抗生剤などは効果がないため、症状にあわせて解熱剤など使用します。診断された場合には症状消失してから2日経過すれば、外出可能になります。
個人差はありますが症状は1週間以内で改善します。症状消失後、3日目以降で登園・登校・外出可能となります。

家庭でできるケア方法

TAIONIMGL0259_TP_V
のどが痛いとなかなか食事が難しいかもしれませんがゼリーなど食べやすいものを摂取しましょう。水分はこまめにとり脱水にならないよう注意しましょう。入浴も発熱がなければ入ってもよいでしょう。湯冷めしないよう気を付けましょう。

 
 

アデノウイルス感染症(プール熱)についてよくあるご質問

Q.大人でも感染するの?
大人でも感染します。お子様が感染した場合にはタオルや食事の器具など別にし感染しないよう気を付けましょう。

Q.はやり目やプール熱ってどんな病気?
両方ともアデノウイルス感染症によるものでウイルスの型が違います。

Q.アデノウィルスからはやり目やプール熱の発症を防ぐ方法は?
手洗いうがいをこまめにしましょう。

Q.いつから学校にいけるの?
症状消失してから3日目以降であれば学校に行くことが可能です。登園・登校まえに治癒証明書など病院やクリニックで書いてもらいましょう。