突発性難聴

突発性難聴症状

79fafd7ec9ab80038210fa217d024b33_s
名前の通り、突然発症する原因不明の感音難聴です。30-60代、特に50代に発症することが多いといわれています。男女は認めません。年々発症人数が多くなっていると言われています。
片側の難聴で発症することが多く(なかには稀ですが両側の場合もあります)、耳鳴りや耳閉感、めまいを伴うことがあります。再発する例はまれで全体の1%以下といわれています。
難聴以外のめまいなどの症状がある場合には予後が不良ともいわれています。

原因

e59922bb60b866a53fdef22d3ce7d376_s
原因はウイルス感染説や血液の循環不全説、免疫説、膜迷路破綻説などともいわれていますが、はっきりとわかっていません。ストレスなど精神的、肉体的負荷がかかると症状が出現するともいわれています。

治療

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s
現時点では確率された治療法がありません。海外や日本でも治療方法や方針が違うようです。
日本では一般的な治療法は主にステロイド剤を中心として内耳の循環改善する薬、血管拡張薬やビタミン剤を処方することが多いです。
難聴が高度の場合には入院でステロイドなどの点滴加療となることがあります。高度難聴や治療までの期間が長い場合にも治療に難渋することがありますので耳のきこえが急に悪くなったらすぐに病院に受診しましょう。
ほかに、高圧酸素療法・カルボジェンの吸入方法・内耳低音療法・星状神経節ブロックなど推奨している施設もありますが施設ごとに治療がすこし変わっていますので耳鼻咽喉科専門医がいる施設にご相談くださいね。
突発性難聴と診断された中にはまれに聴神経腫瘍という病気のこともあるためMRIなどの検査も検討しましょう。
また、繰り返すことは基本的にはないため繰り返すような場合にはメニエール病などが疑われます。
また騒音を避け、静かな環境で安静にすることも重要です。規則正しく睡眠をしっかりとりストレスを回避してすごしましょう。

 
 

突発性難聴についてよくあるご質問

Q.初期症状は?突然なる?
A.突然発症します。

Q.片耳ずつなる?両耳ともなる?
A.大体の場合には片耳です。まれに両耳の場合もあります。

Q.日常生活に支障は?仕事は続けられる?
A.原因ははっきりとわかっていませんがストレスや疲労が原因のことが多いためできるだけ安静に過ごしたほうがいいでしょう。症状が重篤な場合には入院の適応になるため仕事は難しいかもしれません。

Q.予防方法はある?
A.ストレスをためないよう心がけましょう。

Q.完治する?完治までどのくらいかかる?
A.約1週間程度といわれています。

Q.KinKi Kidsの堂本剛さんがかかっているそうですが若い人でもなる?
A.突発性難聴になりやすい人というのはわかっていませんが一般的に50~60代になりやすいとは言われています。もちろんほかの世代でも発症するかたはいらっしゃいます。男女差はありません。