耳の病気

中耳炎や外耳炎などの耳に関する病気の症状や原因、病院での治療方法、家庭でできるケア方法などをご紹介します。

中耳炎
mimioyako
中耳炎とは、鼓膜付近の「中耳」で炎症が起こる病気です。中耳炎のほとんどは細菌やウィルスによって発症する急性中耳炎で、3歳までに7割の子供が発症するといわれる病気です。最も一般的な中耳炎である急性中耳炎の場合、通常数日~10日程度で治ります。しかし、適切な治療やケアを受けないと、長引いて何度も急性中耳炎を繰り返す「反復性中耳炎」や「滲出性中耳炎」、「慢性中耳炎」に移行することもあるため、注意が必要です。

 

中耳炎の治療
chuji_shinsatu
中耳炎は自然に治るものではないので、必ず耳鼻咽喉科で早めに治療を受けるようにしましょう。通常、薬物治療が行われ、処方されてから数日~10日程度で治ると言われています。溜まった鼻水を吸引し、薬液を粘膜に噴霧する処置も行われます。また、中耳炎は病院での治療だけでなく、家庭でのケアも非常に大切です。特に急性中耳炎は鼻水が原因となっていることが多いので、家庭用の電動鼻水吸引器などでこまめに鼻水を吸引しましょう。

 

外耳炎
4c5e1e06af9adddfbf53a92dadae599f_s
外耳炎の原因の多くは、耳掃除や水泳などの外的刺激です。黄色ブドウ球菌が原因菌で、耳の中の粘膜に感染して引き起こします。症状は、耳の痛みや圧痛がほとんどですが、耳の周囲のリンパ節腫脹を生じたり、ひどい場合には外耳道が腫れて聞こえにくく感じることもあります。治療は、外耳道の洗浄と軟膏の塗布や抗菌薬入りの点耳薬、症状がひどい場合は抗菌薬を処方します。基本的には、自分で耳を触らないようにすることが必要です。

 

メニエール病

回転性めまい、難聴、耳鳴などの症状を繰り返す病気で、50歳前後で女性に多いといわれています。ストレスや疲れが原因で起こることが多いです。めまい発作を繰り返すと、難聴や耳閉感が固定してしまうこともあるため、症状が出た時にはすぐに耳鼻科を受診してください。治療は内耳のむくみをとる薬や場合によってはステロイドや内耳の循環改善する薬やビタミン剤、精神的関与が強い場合には抗うつ薬などを使用することもあります。

 

突発性難聴
79fafd7ec9ab80038210fa217d024b33_s
突然発症する感音難聴で、50-60代に発症することが多いといわれています。ウイルス感染や血液の循環不全、ストレスによる精神的・肉体的負荷などが原因ともいわれていますが、はっきりとわかっていません。症状は、片側の難聴の他、耳鳴りやめまいを伴うことがあります。治療法には、ステロイド剤を中心として内耳の循環改善する薬やビタミン剤を処方することが多いです。また騒音を避け、静かな環境で安静にすることも重要です。