中耳炎

赤ちゃんに多い中耳炎とは?

中耳炎とは、鼓膜付近の「中耳」で炎症が起こる病気です。中耳炎のほとんどは細菌やウィルスによって発症する急性中耳炎で、米国では年間500万人以上の子供達が発症し、日本でも3歳までに7割の子供が発症するというデータがあるほど国内外を問わず子供に多い病気です。急性中耳炎は命にかかわるような病気ではありませんが、適切な治療とケアを行わないと再発を繰り返す反復性中耳炎になったり、慢性中耳炎や滲出性中耳炎に移行することもあり注意が必要です。

miminokouzou

また、中耳炎は大きく3つに分けることができます。鼻水などが耳へ流れて炎症を起こす急性中耳炎と、鼓膜の奥の中耳腔(鼓室)に浸出液という液体が溜まる滲出性中耳炎、そして鼓膜に穴が開いたままになる慢性中耳炎です。それらの原因と症状を知り、早期治癒と予防を心がけましょう。

 

中耳炎の種類


●急性中耳炎
mimioyako細菌やウィルスが中耳に入って炎症がおこる病気です。最も一般的な中耳炎で、子供に多く通常数日~10日程度で治ります。しかし、適切な治療やケアを受けないと、長引いて何度も急性中耳炎を繰り返す「反復性中耳炎」や「滲出性中耳炎」、「慢性中耳炎」に移行することもあるため注意が必要です。

主な症状は、耳痛、発熱、鼓膜の腫れ、耳漏(耳だれ)ですが、急性中耳炎は、乳幼児から小さい子供に多い病気ですので、これらの症状を正確に訴えることができません。原因不明の発熱や、耳をさわる、耳をひっぱる、不眠などが見られたときには、耳たぶの後ろの頭部を軽く叩いてください。痛がって泣く場合には中耳炎の疑いがありますので耳鼻咽喉科を受診しましょう。

・急性中耳炎の原因
中耳は、外界とは鼓膜で仕切られており、外側から炎症の原因となる細菌やウィルスが浸入することはありません。(稀に、鼓膜に穴があいていて外から浸入する例もあります)そのため、急性中耳炎のほとんどは、鼻水などに含まれる細菌やウィルスが中耳に流れてしまうことが原因です。赤ちゃんや子供に多い理由は、耳と鼻をつなぐ耳管という器官が大人に比べて太く水平で鼻水が耳へ流れやすい構造となっているためです。加えて、子供は3~4歳くらいまで自分で鼻をかむことができず、取り切れなかった鼻水が溢れて耳まで達してしまうのです。

otonatokodomo

急性中耳炎の原因は、鼻水の他、哺乳瓶を使った授乳が原因となることがあります。哺乳瓶を使った授乳の場合、姿勢が水平になることが多く、ミルクが耳管を通じて中耳に流れ込み炎症を起こします(ミルク性中耳炎)。
できるだけ頭を起こした姿勢(母乳に近い姿勢)で授乳したり、授乳後にゲップさせるなど工夫をすることで防ぐことができます。

milkillu

 


●滲出性中耳炎
鼓膜の奥の中耳腔(鼓室)に、滲出液といわれる液体がたまる病気です。中耳の粘膜の炎症と耳管の機能低下があると、滲出液が中耳腔にたまるようになります。軽症の場合は1ヵ月程度、場合によっては完治まで数年かかることもあります。滲出性中耳炎の症状は、軽度の難聴があるものの、耳に強い痛みや発熱などを伴わないのが特徴です。一般に滲出性中耳炎の症状は軽微な場合が多いため、子供は何も訴えないことが多いです。ですので、聞き返しが多くなった、呼びかけても聞こえが悪くすぐに振り向かないなどの様子が見られたら、滲出性中耳炎を疑う必要があります。

鼓膜の奥の中耳腔(鼓室)に、滲出液といわれる液体がたまる病気です。中耳の粘膜の炎症と耳管の機能低下があると、滲出液が中耳腔にたまるようになります。発熱や耳痛などの症状はないのですが、多くの場合、難聴になり、これが唯一の症状となる場合が多いため、テレビのボリュームを上げる、呼んでも返事をしないなど、日常生活の中で注意することが必要です。軽症の場合は1ヵ月程度、場合によっては完治まで数年かかることもあります。

 

・滲出性中耳炎の原因
耳管は、気圧の調整をする器官で、普段は閉じていてだ液を飲み込んだり、あくびをする時に開いて鼓膜の内側と外側の気圧をバランス調整しますが、滲出性中耳炎は、この機能が低下することが原因で発症します。この機能が失われると、たまってくる液体を鼻腔方面に排出することができなくなり、浸出液が鼓室に溜まってしまいます。耳管の機能不全については、3つの要因が考えられています。

    • 鼓膜側の要因
      鼓膜側の要因として代表的なものが急性中耳炎です。急性中耳炎は耳管を通って細菌が鼓室に達し炎症が起こる病気です。鼓膜や鼓室粘膜の発赤や腫れをおこし、場合によっては鼓室に膿が溜まります。この鼓室粘膜の腫れが耳管の開口部が狭くなり耳管の通気性が低下します。

 

    • 鼻腔側の要因
      鼻咽腔の要因として代表的なものがアデノイドです。アデノイドは咽頭扁桃という鼻咽腔にある扁桃組織が腫大したもので、耳管が圧迫され耳管の通りが悪くなります。このアデノイドは、鼻づまりの原因ともなり蓄膿症や副鼻腔炎の治癒を妨げ、耳管機能の悪化に影響します。その他、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、花粉症も鼻粘膜の腫れをおこし、耳管の開口部を通りにくくします。

adeno

    • 管自体の機能低下
      年齢による耳管そのものの機能不全(未発達と加齢による機能低下)と先天的な機能不全が要因となる場合があります。耳管の未発達な10歳くらいまでと加齢による機能低下が見られる50~60歳以降に滲出性中耳炎が多く見受けられます。また、先天的に、耳管を開放させる筋肉そのものが欠損していたり、筋肉の付着部位が正常な位置にないために機能不全となっている例があります。これは、口蓋裂などによく見られます。

 

●慢性中耳炎
慢性中耳炎には2つの種類があり、急性中耳炎が治らずにkodomomimi鼓膜に穴が開いたままになり、耳だれ(耳漏)が頻繁にでる「慢性単純性中耳炎」と 周囲の骨をこわして進行し三半規管〈さんはんきかん〉まで壊して顔面神経マヒを引き起こすこともある「真珠腫性中耳炎」があります。
慢性中耳炎では、鼓膜に穴が開いているため、お風呂やプールなどで汚い水が耳に入ったり、風邪を引いたりすると耳管を通り細菌が中耳に進入するなどして、炎症を起こします。慢性中耳炎は、鼓膜にあいた穴が長期的に続き、ときどき耳だれがでる状態です。付随する現象としては難聴や耳鳴り、めまいなどが出来ますが、特別な痛みや発熱はないという特徴があります。

慢性中耳炎には2つの種類があり、慢性単純性中耳炎と呼ばれ、急性中耳炎が治らずに、鼓膜に穴が開いたままになって耳だれ(耳漏)が頻繁にでるものと、真珠腫性中耳炎と呼ばれ、周囲の骨をこわして進行し三半規管〈さんはんきかん〉まで壊して顔面神経マヒを引き起こすものがあります。

 

・慢性単純性中耳炎
急性中耳炎から移行する場合が多い病気です。特に鼻や咽頭に薬物耐性の強い慢性的な炎症があるときに移行しやすくなります。人間の耳には、鼓膜に穴が開いて中耳内部に溜まった膿を自然排出して炎症を治そうとする本来的な働きがあります。膿が出てしまうと炎症も治まり、このとき開いた孔は自然に閉じます。しかし、急性中耳炎を繰り返し発症したり、治療が不十分だと中耳内部の炎症も継続的に起こり、開いた穴も閉じなくなります。この状態が慢性単純性中耳炎です。

 

・真珠腫性中耳炎
真珠腫性中耳炎は、鼓膜の一部が内側に陥没しておきる中耳炎です。 鼓膜の表面は外耳道の皮膚と連続していますので、角化物(垢)が出て、陥没した内側に溜まりやすくなり、細菌やウィルスの培地となって感染、炎症がおこります。悪臭を放つだけでなく、この炎症が周囲の骨を破壊しながら増大して難聴になったり、三半規管(平衡感覚をつかさどる器官)を破壊してめまいを起こすようになることがあります。また、中耳には、顔面神経が走行していますので、真珠腫によって顔が曲がってしまうこともあり注意が必要です。この治療法としては、手術による摘出が一般的です。